マスターマインドグループとは、成功哲学のナポレオンヒルの有名な著書「思考は現実化する」が提唱したのが始まりです。

共通の目的を持った人々が集まりです。定期的に会う事に寄ってお互いのサポートとチャレンジに対する解決法などを話しあったりします。


渡り鳥GEECE、雁。群れをなして大空を羽ばたいていますね。この群れを地上からみあげるとV型の形をしています。いつもリー ダーがいます。しかし,長い道のりですからリーダーも交代します。この群れで飛ぶことによって、一羽で飛ぶよりおよそ7倍の距離を協力し合って飛ぶ のだそうです。また、弱ってしまいグループとして飛べない雁は、一番体力のある強い雁が一緒に地上に降りて元気になるまで付き添うのだそうです。

この渡り鳥に習い、信頼し合える仲間たちと一緒に協力し合い、大空に羽ばたき、できるだけ長い距離,息の長いビジネスを作り上げていきたいと思いませんか?

ビジネスチャクラ・マスターマインドグループ

 

含まれるもの:

  1. 8週間におよぶ、ビジネスチャクラワークブック (毎週1回、一つのチャクラカラーにフォーカスした課題に答えていく個人のワーク)
  2. 8週間におよぶ、週1回のグループ・オンライン・マスターマインドミーティング (毎週1回60〜90分以内)
  3. 各自2回、遠隔オンライン・個人オーラソーマセッション(60分・8週間のプログラム期間中のスケジュールの限る)
  4. プログラム専用Facebookのプライベートページをにて、フォローアップの質問やシェアリング

 
プロセス:

ビ ジネスチャクラワークの参加者同志が、その時点で抱えているチャレンジや、ワークブックにある質問の答えのシェアーを通してサポートし合います。各々に違う解決方法や,得意とすること、そして、ブラインドスポットがあります。経験や知識の違う仲間が,お互いに抱える問題を解くヒントや鍵を持っているかもしれません。

定期的にオンラインでのグループミーティングとオフラインのディスカッションを行うことによって、他のメンバーから学ぶことは多いです。それはまた、あなた自身の経験や意見も他のメンバーに大きく役立っていくということです。それぞれの異なる経験や情報が集まれば、それが一つの智慧の箱のようなものです。ビジネス実務面での時間短縮や、新たな人脈を得るきっかけとなるほか、ビジネスを持続していく上でのエモーショナルサポートなる事は間違いありません。

 

 

個人オーラソーマセッションを取り入れる理由:

今現在、自分の立ち位置はどこにあって、どんなエモーショナルチャレンジを抱え、自分の潜在意識はどんなビジョンを描いているのかをオーラソーマで知ることができます。


どんな時も「自分軸」を持つこと、自分の「在り方」が大事なベースになりますが、特にコミュニティで、グループの人々に関わっていく時、お客様に対応する時、この「在り方」は大切な要素です。オープンマインドで受け入れながら,自分自身のパーソナルスペースも確実に持つというバランス作業を、オーラソーマセッションを通して理解を深めることができるのです。


8週間のプログラムが始まる前と、終了後にセッションを受けることによって、目には見えにくいご自分の中の変化のエネルギーを「色」が、より鮮明に分かりやすく見せてくれるのです。それは,必ずその人に勇気と自身を持たせてくれます。

 

 

期待することができる徳と益:

  1. 新しい出会い。
  2. 他の人グループメンバーから、それまで自分の知らない事を学ぶ事ができる。
  3. 自分の知っている事の価値の再確認ができる。
  4. 新しい事をやってみるエネルギ—が湧いてくる。
  5. 志を同じくする人々とサポートし合える。
  6. お互いのセルフケアーをチェックし合える。
  7. コラボレーションができる。
  8. アメリカ在住のプラクティショナー達との情報交換により、考えがグローバルに広がる。

などがあげられ、それぞれの行動が広がれば,可能性も広がっていくことでしょう。
今では,グループ仲間で小旅行を楽しんだり、コラボレーションの計画が進んでいます。

 

オンゴーイング・ビジネスチャクラ・マスターマインドグループ

8週間のワークを終えてから:

 

8週間のベースビジネスチャクラマスターマインドグループ終了後は、オンゴーインググリープの参加か否は、個人の自由選択です。

 

続行をご希望の方は、毎月更新するオンゴーイングメンバーになっていただきます。

 

オンゴーイングの特典は:

  1. 毎月2回あるオンゴーイングメンバーによるライブ・オンライン・ミーティング
  2. 毎月1回を目安に、ビジネスエキスパートを招いての質疑応答
  3. フォローアップ・オーラソーマセッションのディスカウント